So-net無料ブログ作成
検索選択

恐ろしくて悲しい夢 [雑談♪]

夢を見ていて、しゃくりあげて泣いて目が覚めた。

 タケがうちを呼んで、さすってくれて、目が覚めたけどポロポロ涙が止まらなくて、自分でもびっくりした。

夢は、
 人の目が 一瞬で変わる、恐ろしい光景の夢。

 今まで長く付き合ってきた気心知れた人に、全くもって信じてもらえなくて、絶叫してる人を観てる夢。
  たまらなく心が痛い夢。

 ・・・・。たぶん、内容からして、最近まとめて観たアニメ「デッドマン・ワンダーランド」の最初らへんの話。
 クラス全員が死んで、ただ一人生き残った少年が、容疑者としてズタスタにされる部分。
  アレは 細工もからんでて 仕方がない状況まで作り上げられてたけれど、
 誰一人として、少年を「そんなことするはずがない」って言ってくれる人が ゼロになった世界が
 ひどく痛かった。

 アレが混ざったり修正入ったりして、恐ろしい夢だった。

 いつぞやに、TVで映画の「なくもんか!」を観たときも、痛かったのがあった。

 過酷だけれど、本当に精一杯 身を粉にして頑張ってきた阿部サダヲが、
 近所のおばあちゃんの 身の回りのお世話を献身的にしてたら 泥棒が入って、サダヲが疑われるシーン。

 あんまりだ。 と思った。

 別段、そんだけ頑張ってきたんだから、報われてもいいはずだ!とか って思うんのとは違って、
 報われるとか以前の話で、なんかが起きたときに、
「人って わからんもんねぇ。」 みたいに、状況だけで ソウナンダ空気に簡単に呑まれてしまう
 絆のもろさが痛い!  なに白い目で見てんだ! 何にも言うことないんかぃ!!

 なにやら非常に悔しい気分。 悲しい気分。 ギュッてなる。

小学2年で転校し、中学1年で転校し、どうしたって距離ができるだけで疎遠になるのは 理解した。
 そんでも、繋がりを大事にしてれば 繋がってられる友人もいて、ありがたいし嬉しく思う。

 中3のとき、些細な誤解で仲良しな縁がプッツン切られた^^;
  誤解を解こうと頑張ったけれど、一人は打つ手ナシくらいに相手にされなくて、
 もう一人は 誤解が解けて 今では一番の親友だ。
   よくよく思えば、3人という仲良しの輪で、うちは若干邪魔になったのかもしれやんなーと思わんでもない。

 ともかく、この仲良し3人組事件は、うちにとって、ものすごい衝撃だった。
  つい昨日まで、仲良し3人組はこの先ずっとそうだと 信じてたから。
 一体全体、何があったら ここまで完全拒否されるんだろーか?と、迷子になりそーなくらい。
  悪く言ったら「あなたの勘違いです!」って話になるのに、聞いてくれやんかった。

 途方に暮れて、誤解のまま現状を受け入れるしかなくなって、ぽかーんとした。

ある日突然、消失する人の縁ってあるんだなぁ~。。。って。  ある意味、敗北宣言だぁねぇ。
  幸いにも、もう一人の友人は ただの誤解を理解してくれて 仲直りできたから まだ良かったものの。
 それでも、うちともう一人の縁は戻らないんだから、もーお手上げでやんしたなぁ。

 その非常に悔しくて、悲しい気持ち。
 人の絆は、あまりに脆くて 見えなくて でも、繋ぎ止めたい。 太くできるんならし続けたい。そう切に願う。



・・・いつぞやに、タケが言いました。

  「セリが例えば犯罪者になって、人を殺しちゃったりした日にゃぁ、
   他の誰がなんと言おうが 俺はこう言うわ。
   「セリが殺してまぅほどの何かをお前がやったんやろ!死んだお前が悪い!」って。」

んな!? と うちは驚愕した。 
  そんな無茶苦茶なw(苦笑)と思った。  でも 仮定の話にしても、なんやすごい嬉しかった^^

 ふと、逆に考えてみた。
 うちは、全力でタケの味方をしきれるやろぅか!?と。 こんな風に言えてしまえるやろぅか?と。

 泣いてる遺族の方らに向かって、同じことが言えるんじゃろか・・・。

 たぶん、タケはそこまで考えてない。(笑) そこまで考えるまでもなく、言ってのける言葉。
 強いなぁ~って尊敬する。 その真っ直ぐな意思に惚れ惚れするw 憧れる。


あの恐ろしい夢は、うちのトラウマみたいな部分かなって 思った。

 でも、憧れる対象は、めっちゃすぐ横におったw

 今でも、痛い気持ちはイタイ。  けど、うちはこの目で見て感じて、得たものを信じる。
  タケみたいな強さを、うちも身につけたいもん^^
  タケを真似て、うちらしいものを 創るぜょ!!(笑)


2011-05-23 23:14  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。