So-net無料ブログ作成
検索選択
大きなチカラ ブログトップ
- | 次の10件

ちっちゃくて あったかい贈り物 [大きなチカラ]

うちの先入観の一つに女性は結婚に敏感で、男性は反対語で言うなら鈍感だと思ってた。

なんていうか、女性は結婚にしても出産にしても時期とか年齢を気にするやん。

対して男性は…
うちの勝手な思い込みの中では、悪気はなく他人事に近い感覚で、
将来を現実的に考えるよりは、今現在が楽しければ それがずっと続けばいいって
漠然としか捉えていない感じかな~みたいに思ってた。


だけれど、タケはどうやら違うみたいで。

いつものように、広くないお風呂に一緒に入り、たわいもない話をしながらのんびりしてたら子供の話になりました。

最近、何気にちょくちょく触れる子供の話。

タケは子育てのHOWTOに全く自信がないとか
女の子が産まれたら溺愛しちゃうんだろうか…とか
男の子だったら ライバル視は避けられないだろう とか

妄想三段跳びで 小3くらいの子供だったら、男の子でもゲーム教えたりして楽しいかな~とか

外食先で見掛ける やんちゃなガキんちょを見て 「親はどうすべきなんやろな」っていう論議に華を咲かせたり。

そんな日々の最中の、これまた なんとなく発生した話題でした。

そんでタケから出た言葉は、
「今年はまだ遊ぶけど、(出産とかの)年齢考えても30には一つの答えを出さんとな~って思っとる」

会話の内容が、他人事ではなく内に向いてたから、
この言葉の前には うちが先陣を切って「今現在に子供というスペースはないな」って
互いの心情を把握したつもりで口にしてあったのだけど。


正直、驚きました。
結婚の時にも同じようなことを感じたにもかかわらず。(=_=)

タケは大まかなりにも、ちゃんと考えてくれている。

子供のことも、うちの身体のことも。

未来はわからないんだけれども、小躍りしたくなるような嬉しさがありました(*^_^*)


互いの考え方の一致で、
「子供が欲しいと思ってから産まないと 産まれてきた子供に失礼だ。それが親側(迎える側)のけじめだろ」(理想)
みたいなものを持ってるんで、今回のタケの言葉はとっても現実味を帯びていて。

なんだかすっごく胸に染みて あったかいものをもらいました。


私にだって育児のHOWTOなんて わっかんないんだけど(苦笑)

男性を、タケを侮っていたのかもしれないッ(*'-'*)って思って。

子供という縁があるないを置いといて、ささやかだけれど めっちゃくちゃ嬉しいってか、幸せな気分になったのでした。


2008-03-11 21:35  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Fate/Zero の征服王!(ライダー) [大きなチカラ]

ようやく「Fate/Zero」をvol.1~vol.4まで、読みきった!

PCゲームの方も、タケ(相方)に勧められてずいぶん前にクリア済みだったんだけど。

 どうもね、「読み物」は没頭せずにはいられない性質なもんで、完結まで出揃ってから、

そして「読みたい!」っていう熱が溜まるのを待ってから読みましたw

 ・・・・・・洗濯も洗い物もご飯でさえ、忘れてしまうんでネ:

 

 とても、とても良かったです(^-^)

 深いですな・・・・思うことが山ほどありすぎて、書こうと思ったことがどんどん走り去っていく・・・・;;

 とにかく、出てくる登場人物の一人ひとりが各々輝いてました。

 Fate好きな人は、読むべきですな! ってか、うちが遅すぎやな!orz

 

ライダー」がね。すんごく好きでした。

みんなかなり好きなんだけどね。うん。

今回は、ライダーの「どこが好きか」という部分だけ、抜き取って書いときたいw

 

 

 ライダーは、誰の生き方も否定しませんでした。

 ライダー自身とは全く違っても、自分にはそれができなくても。

 「正しい」とか「間違ってる」という見解ではなく、

 【自分が好感を持つ か 否 か】

 

なんて真っ直ぐな人だろう。

豪快で大胆でむちゃくちゃにも見えるのに、

この人は、自分の人生を愉しむ術を知っているんだなぁって。

どんなに逆境でも、それに挑み乗り越えることさえ「愉しみだ」と言いそうな。

 

でっかいなぁ。。 あったかくて、でっかいよ。このお方は。

なんか悩み事抱えてて、気分転換に海行って、「オレの悩みちっせぇー!」って思っちゃうようなw

 「王様」なのに、すっごい無邪気で人間らしい存在なんです。

うちも連れてってください!って、思った人は他にもいるはずだw

 どんなに酷い結末があったとしても、彼に付いて行った臣下たちは悔やみなどしないだろう。

 心のままに、生きられることは幸せだろう。と思うから。

 

その懐の広さに、憧れます。

うちは アレキサンダー大王にはなれないけれど、

ウチも、その自分の心に真っ直ぐな生き方と 包容力のある人になりたい。と

強く思いました。


2008-01-26 18:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あけまして おめでとうございます! 2007(^0^)ノ ...の前にw [大きなチカラ]

2007年を迎える前に、私の名字が変わったぁ~☆ デスw

前回より予定はズレたりしたけれど、まぁ予定変更っていうのも、よくあることでしょうや♪

作業着がお仕事服な旦那サマは、挨拶時のネクタイ結びに奮闘していらっしゃいましたけれどw
...私も仕事柄、服の趣味にしてもネクタイってのに無縁で、ネットの説明ではどーもうまくいかず、役に立てない感が強くて凹みました;
 ...結局、完成型黒ネクタイをゆっくり分解しては復活させてを繰り返して、なんとかお手伝いできました♪ ちょっと妄想では、旦那さんのネクタイ締める嫁って(´∀`)なモノで、まぁ滅多にやる機会がないから余計なんだけど、嬉しかった(笑)

1週間遅れて実行した「ご挨拶」。
先に私の両親に逢ってもらい、大切な言葉をいくつか両親に伝えてくれました。
  思わず嬉しくてニヤけそうで、我慢したけれど...目ン玉は輝ってただろうなぁw
長く付き合ってるとはいえ、やっぱり「正式に」言ってもらえることは 格が違う!!
  「夫となる人に 幸せにしてもらう」のではなく、「私も 幸せにします!」というか、「二人の間の幸せを 守っていきたい!」みたいなのを 心の中で強く想いましタ。

 旦那さんのご両親への「ご挨拶」は、拍子抜けするぐらい、フランクな感じで始まり終わっちゃいました(爆)
頭から湯気が出そうなほどフル回転していた私の脳は、「これからも よろしくお願いします」ってお辞儀したくらいしか、「正式」らしいことは言えなかった!...... ○刀乙 
 でも籍のことや、お式の話のときとかの普通な会話は できました!..ので、よし!!としようw

んで、クリスマスの日に入籍だけ先に二人で行ってきました♪ 新婚旅行やお式の話も進めていかなきゃだーー!! バタバタするのはあんまり好きじゃないけど、楽しんで進めていきたいと思ってマス。

   それから、これは私個人がこだわったトコだけれど。
 夫となる相手に「プロポーズ」してもらって、それを受けて 結婚した私達。
 私も言いたかったので、「正式に」未来の旦那サマに告白しました。
     「 私も アナタと 結婚したいです 」と。


2007-01-04 17:14  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小さくて大きな一歩♪ [大きなチカラ]

 「ぷろぽーず」というモノを頂いてから、6ヶ月たったでしょーかw
相変わらずのおバカな日常を過ごし、いつのまにか引き込まれてしまった共通の趣味に没頭し、
笑いまくって、互いの意見や思想をぶつけあって、あっという間に通り過ぎた半年間w

  ついに行動が始まるようです♪♪
 たまーに、ちょくちょくモスでお昼してるときとか、遠出のドライブ中とかに ぽつりぽつりと話は出ていたけれど。 う~ん、こういうのって「男をたてないと」いけないかなっ?とか思ってて、
彼氏が口に出したときだけ おだやか~に話してただけで、急いたら逆効果で不機嫌な顔でお仕事こなすみたいなよーなことになるんじゃないかと、なんとなく不安で(^^; さすがに私にとってもたいせつ~な思い出になるわけで、そういうのは嫌だし、彼氏に自ら動く意志で それについていきたかった。私のママンwは非常に急いていたわけだけども、私はまったりと気にしてない感じで日々を笑って待ってましたw

 昨日の外食中に出たのは「ご挨拶」の話。
今週末に行こうかなって、彼氏が切り出しました。正直、唐突に始まる話にいっつもびっくりしますw
 びっくりなんだけど、「あ~ちゃんとそれなりに考えてくれてるんだぁ」ってかなり嬉しい♪
台詞についてとか、私の父についてとか(一度も会ってないんです;) 宣言したあと、どーすりゃいいんだ!?とかww さすがに私も最後のことには思考しましたw けどまぁ、私がフォロー入れつつ、一通り話も落ち着いたら彼氏のご両親にも「ご挨拶」しに行くからってことで脱出しよう。と話がまとまったりw きっとその足で本当に実行すると予想しておりまw

 さて。半分以上「ぽけ~☆」と過ごしていた私は、急激に緊張しております。(>、<;)
私にとって、自分の両親に挨拶しに行くのはほとんど平気で(当たり前かw)あえて言うなら、彼氏の緊張による精神的ダメージが心配な程度w それよりも、私は彼氏のご両親に挨拶に行く際、なんとご挨拶したら良いのか....。服は?(スーツないぉ!?)台詞は?(無いようで絶対要るね!?)はわわわわ~~!!! あれこれ思案中ですw
 私は彼氏のご両親と面識がある分、初対面よりは大分マシ。
硬くなりすぎず、それなりにご両親の心に残る、これからの未来のためにもできるだけ溶け込めるような、私らしさも込みで、誠意ある気持ちを伝えたい!! できればオリジナル風でっww
    ハイ。すみません。散らかってマス^^;
 上のあれやこれやを含め、なおかつ 簡潔な言葉を編み出そうと奮闘しております( ' ▽')ゞ

 考える度に知恵熱が発生しつつも、嬉しくてたまらない小さくて大きな一歩に感動せずにはいられないのでありましたw
   .........週末、気張らない程度に気張ってこよーと思いマス!!(笑)


2006-12-04 21:39  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アマチュア極道の女!?w [大きなチカラ]

自分の中身をいろいろ考えてて気がついた。
なんだかある意味「極道みたい」w

自分の中で歪んでるモノがある。
それはまるで不治の病のようで、たぶん死ぬまでついてくるモノ。

私は汚れていて、汚れているから「キレイでありたい」。
義理と人情。なんだか大好きw
寛容に見えて、結局は0と1しか無いトコロ。
天使のよーに笑う悪魔w
.....そーなってくると、まるで一番汚い人間みたいだw

でもそれはただの「悲劇のヒロイン」。
他人がどうだからって、自分まで流される必要はない。
結局のところ、他がどうであれ「自分はどうしたいのか」ということ。
それを貫くことができるか、ということ。
他人を誤魔化すように、自分をうまく騙したり、心に折り合いをつけたり。
そんなことも、他人の中にまみれて生きるなら必要なこと。
世界にだーれもいないなら、そんな必要ないかもしれないけどw

私は刀を持っている。
普段は懐に隠してある、外からは見えない刀。
関わる人の中には、腰に刀を差している人、銃をぶら下げてる人、鞘から抜いて手に握っている人、私と同じように隠している人、刀はあるけど錆びてしまっている人、体術があるのか刀が全く見えない人。
その方達が各々、どうその刀を振るうのかは わからない。
 私の刀は必要最低限使わない。
 握りしめることは度々あっても、刀を抜くことは滅多にしない。
 抜くときは、事の決着がつくとき。
 自分の中で、0か1かが決まるとき。

他の人はどうなのだろう? 知らないから何が「普通」かわからないw
私の中の道理だとか信条やら、外から来るものを理解できるか否か。
様々なモノに試されていて、翻弄されながらも死ぬ勇気もない私は、
些細で粗末な日常の中で 死ぬまで「自分自身と」闘っていく予定なのです ^o^
「生か死か」 そんな大袈裟な状況は滅多にないけれど、
「中身」の中で「0か1かを選択しなければならない」些細な分かれ道でさえ、
今の人生を悔やまないように、助けてくれるものに背中を押してもらったりしながら、
自分の生き様を貫きたいのですw  ...なんてねw


2006-10-26 00:12  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「世紀末の詩」を読んで。-続編- [大きなチカラ]

う~ん。やっぱり私もうんちく好きみたい(笑)
この物語の人物も、相当なものだったけど。
 さっき彼氏とご飯を食べに外出してて、何気なく「愛とは...」って話ができたのね。
話して良かったよ♪私と彼氏も違う考えを持つ生き物同士だけど、このテーマについては同意見だったから、素直にそれが嬉しくて、どこかホッとしたりした(笑)

 私の考えはこうだ。
「愛」とか「愛してる」っていうのは、「言葉」にするものじゃなくって、「感じるもの」だってこと。
形にできないから、気持ちを行動で表情で、相手にわかるように伝えるだけ。ほんとにそれだけ。
 伝わらなかったら、伝え方に問題があったと思ってる。そんでめげずに考えて、相手に伝わる方法を探して実行するのみ!(笑) 
えーと、簡単に言ったけど、簡単じゃぁありません。
 どんなに好きな人と一緒にいても、わからないことはたーくさんある。向き合って些細なことから各々の価値観に至る話までいろいろしゃべって、今までよりほんのちょびっと知ることができる。それの繰り返し。信頼とか尊敬もいっしょに貯まって、意見交換やってイイトコ真似して間違いは正しあうような、そんな感じ。親友と恋人がいっしょみたいなものですな。
 私は「好き」とか「愛してる」を滅多に口に出さないのね。出す勇気が無いって訳じゃなくって、
口に出すとなんだか違うっていうか、薄っぺらいモノになっちゃう気がして。口に出すのがオコガマシイってやつです。言わない分、感じてほしいし、よっぽど信憑性あると考えてるから。
 その分挨拶代わりのようにたくさんキスするし、意味もなく抱擁したりすることが多いよ。
いってらっしゃいのキスとか、顔を合わせたからキスとか。おかえりなさいのあとのぎゅ~は、身体がしんどくても癒されます。Hをしなくてもじゃれるようにくっついてみたり。誤解してほしくないのは、私達の場合は、決してベタベタではないということ。一緒に住んでるけど、お互いの部屋があって主に別々の部屋で過ごしてます。気が向いたら一緒にいて、気が済んだら各々の部屋に戻る(書くとへんだな(笑)) 友達に話すと「え~?」って言われるけど、お互いに利害の一致ばりに話し合った結果であります(笑)お互いのテリトリー内に自分のスペースがあるのは快適だよ♪
 それにいくらずっと一緒でも、一人の時間は欲しいっていうお互いの気持ちが一致したから。
まぁそれも今の彼氏が相手だから、ここまでやってきてこれからもやってくんだと思う。

 なんだかおのろけっぽくなっちゃったけど、彼氏とのこともいろいろ書いてしまおうかと考えとります。お互いデコとボコ同士のことなんで、読んだら笑っちゃうだろうな♪なんだか内容が内容だけに、デキタ人間っぽいことばっか言ったけど、そんな筈はないのでご安心を(笑)
 へっぽこ人間だけど、こんな部分もあるってだけで(笑)
 とにかく、この本に出会えたことに感謝です。読んでみたらと貸してくれた人にも感謝♪
改めて考えてることが近かった彼氏にも感謝♪自分の考え方を見つめなおすいい機会をくれた本でした。難しいこと考えさせられるような本だけど、もし良かったら読んでみてはいかがでしょーか?


2006-07-23 23:35  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「世紀末の詩」を読んで。 [大きなチカラ]

別の機会にでも書く予定だけど、ある人から1冊の本を借りて読んだら
すごく気に入って、そしたらこの「世紀末の詩--野島伸司」も読んでみてと
この本に出会ったのがきっかけ。
 次に会ったら、本を返すのと一緒に感想も話すことになるから、
読み終わった今、それを書き残しておきたいと思った。

 この本には、「愛とは.....」を探求している二人の男性にかかわる様々な話が詰まってる。
誰もが悩み、考えて、答えを絞り出したくて、でもなかなか見つけられない。そんなモノの
核心にせまりたいと生きている人達の話。
 読んでいると、私の中だけに存在する「愛とは....」を考えさせられるような内容だった。

 私自身の中にも、いろいろなモノがあって、それを一つの言葉にするのは難しいって思う。
そんな簡単なモノじゃないし、言葉は嘘だってつくし。
 「愛とは」なんて、突き詰めて考えようとしても、どんどん深みにはまっていくだけのような。
   正と負、光と闇、見えるモノと見えないモノ。矛盾したものが混ざり合っているもの。
 この本の登場人物たちは、言葉に綴ろうと頑張っていたけど、現しきれないものだから
底なし沼にでもはまっていくようにも見えた。それを見ていて、
諦めずに突き詰めてほしいと思う私もいた。
 あぁだ、こうだと言ってもキリがないようなテーマだなぁ(笑)
 この本を読んでも、私の考えは特に変わらなかった。言葉じゃ説明しにくいし、これを書き終わったあと、読み返したら、また違う言葉で表したくなると思う。それもわかってて、「今の気持ち」を書き残したいなって思った。

 「愛とは...」ってのを考える前に、「人」をちゃんと見つめなくちゃって思う。
「ワタシ」は唯一一人で、「アナタ」も唯一一人。なんかキレイごとばっかり並べちゃいそうで嫌だけど、思いやりとか、理解し合う気持ちとか、受け入れること、認め合うこと。惹かれた相手を大切に思うこと。言い訳じみた理由は別のところに置いといてほしい。惹かれた理由なんて、後でいくらでもとって付け足せる些細なことだと思う。大事なのは、惹かれた自分を忘れないことと、惹かせた相手を自分の都合で変えたりせずに、まっすぐ見つめることじゃまいか?
 相手だって、自分と同じように出会う日までにいろいろなことがあって生きてきたもの。家族だったり、友達だったり恋人だったりに影響されながら、様々なことに自分なりに考えて答えを出したり、保留にしながら生きてきたんだってこと。 他人には言えない傷があったり、自慢できちゃうこと、自身では気付いていないモノに圧迫されていること。ほんとに山ほどあると思う。一人には些細なことが、他の一人にはとても重要だったり、トラウマになるようなことだったり。
 みんながそれぞれの価値観で生きてるってこと。自分に従順な恋人にも、それがあるってこと。
他人を自分と一緒に考えるのは無理があると思う。だからみんな唯一の存在。十人十色ってやつですな(笑) たぶんみんな分かってるんだけど、時に人は見えなくなっちゃう。それが苛立ちだったり、漠然とした悲しみだったり、自身で生み出した欲だったりいろいろあるけれど。
 物語の中で、クローンを愛してる人がいた。「その愛は偽物だ」という探求者がいた。余分とされる感情が無ければ、人々はこんなにも平和に幸せに暮らせるよって、クローンを愛してる人は言う。
 私は、その人の考え方を否定しきれない。けれど、その愛は、偽物でもないけど本物でもないと思う。クローンで生まれた人は、基の人間の価値観やら感情やらを真っ白にして、愛した人に塗り替えられてる。それで「彼女を愛している」なんて言われてもねぇ...。それも愛なのかもしれないけど、基にした人間(彼女)を否定してるようにしか見えないや。
 分かり合うのには、一人の人生使い切るぐらいの時間が必要だと思う。ちょっと大げさかもしれないけど、それでも足りないかもっていうくらいの心づもりでいるのはどうか?
 人って変わり続けるもの。生きてるんだもん、いろんなことを吸収してく。変わらないように頑固に頑張る人もいるけれど、進まないだけで「殻」は厚く変わってく。
 人はキレイで汚いもの。好きな部分と苦手な部分、ひっくるめて自分の好きな人。まるごと愛し、まるごと愛されるのって理想だなぁ。それでいて、「まるごと」っていう部分が歪でもあり、核であったりするんだろう。
演じ続けて仮面夫婦みたいな愛で満足しきれるなら、それもまたいいと思う。哀しいけど....。ここから新たな欲が生まれる気がしてならないけども。
 私は前者を理想に、時折後者な一面も使いながら、好きな人をまっすぐに見て生きたいと思うです。


世紀末の詩


2006-07-23 17:21  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぷろぽーず。とやらを体験した日w [大きなチカラ]

もう2時間ほどたってるのに まだ興奮してるw
同棲して2年と10ヶ月。 付き合い始めてから6年くらいかなぁ,,,
もう感覚的には、家族と同じみたいで、大好きであり、親友でありの彼。
結婚についての話とかは、まるで当事者同士が話す内容じゃないような感じでちょくちょくしゃべってた訳だけど、正式にではなくて、「そういうのはキチンとねw」って話してたなぁ。

「キチンと」はしてなかったけれどw
正式にお言葉をもらうと、めっちゃ嬉しいし、照れちゃうんだねぇw

「結婚してくれませんか?」

へろへろですw
のろけまくっててスイマセン;
言葉ってすごいね~。人間の心ってすごいね~。
いつも顔見てて、二人で馬鹿やって、男女だけど性別関係なくなっててw
慣れまくってる相手なのに、「ちゃんと」言われると 感動しちゃうというか、泣きそうになっちゃった。

  浴槽の中って アリですか?(笑)
有りですとも!うちららしくて良いです(笑)

妄想内では、レストラン←(ありきたりw)とか夜景キレイなところで~♪←(これもw)なのを考えてたりしたけれどもw

日常生活が特に何も変わらない訳ですが、その言葉だけですんごぃあったかいモノ貰いました☆
「ありがとう」 と 「これからもよろしく!」 の気持ちでいっぱいなのでしたw 


2006-06-04 02:04  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマイル0円(笑) [大きなチカラ]

「ありがとう」という言葉。
一日に何回使うだろう?
レジでおつりをもらって「ありがとう」
道を譲ってもらって「ありがとう」
醤油をとってもらって「ありがとう」

一瞬で気分の良くなる言葉。相手に声が届かなくても笑顔や会釈で伝わる気持ち。
出し惜しみはもったいない!
小さな頃から知っている、当たり前だけど、幸せになれるおまじない。

小さな感謝も大きな感謝も、大切な一つの「ありがとう」の気持ち。
たとえこの世に存在しなくなったとしても、ずっとずっと持っていたい気持ち。



- | 次の10件 大きなチカラ ブログトップ
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。